柴田勝頼 vs 鈴木みのる(2017.3.12兵庫ベイコム総合体育館)

f:id:deepseacruise:20170312224222j:plain

過去の対戦

2003年9月14日名古屋レインボーホール

 〇鈴木みのる (スリーパーホールド) ✖柴田勝頼

2004年8月11日石川県産業展示館4号館

 〇鈴木みのる (スリーパーホールド) ✖柴田勝頼

 

実に12年7ヵ月ぶりのシングルマッチとなったこの一戦

プロレス冬眠期だった私はこの対戦は見ていない。

しかし、いまこの時に柴田ー鈴木戦が見れてホントに幸せだ。

いま、これが新日本の原点だといえる試合ができるのは、柴田、鈴木

そして昨年、柴田とNEVER王座を争った永田の3人だろう。

昨年の柴田ー永田戦、今日の柴田―鈴木戦

見てるこちらも自然と体に力が入り、両者のエルボーがアゴに入るたびにこちらも歯を食いしばる。まさに体感するプロレスだ。

今、新日本には2本の柱があると思う。

オカダ・カズチカを中心とする Contemporary プロレス

柴田勝頼が中心の新日本流 Traditional プロレス

正直、どちらもイケる!そしてどちらも楽しめる。

実は今夜はこの2つがぶつかりあった試合もあった。

ケニーオメガ vs 石井智弘だが、これはまた後日ふれることにしよう。

さて、柴田ー鈴木だが、年齢を考えると、これはもう鈴木みのるにアッパレを差し上げたい。なんといっても私と同世代。

ビックマッチ2連敗といっても、今の新日本のトップ2人なんだから、鈴木の価値は落ちてはいない。今後も底意地の悪さ売りに頑張って欲しいぞ!

そして柴田。今日は絆創膏を貼らずに、やせ我慢合戦を制した。

次のジュースを飲めば、おそらくSANADAだろう。

SANADAはこの1年間、新日本にプレ参戦していたようなもの。

もし、柴田戦が実現すれば、これが本格参戦の入団テストになるはずだ。

それにしても今日は、新日本・大相撲・WBCが重なって楽しい1日だね。  

うっ、今、菊池のミラクルプレーが出た!(22:05)

さらにこのあと、プロレス総選挙だって?? 眠れないじゃん、今夜は!! 

終わり