読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柴田・フィンレー vs 鈴木・スミスJr (2017.3.1 後楽園ホール)

f:id:deepseacruise:20170303234731j:plain

ここ数日、プロレスを観る時間がなくて、2日遅れで視聴。

ROH興行とNJ-CUP間に挟まれた興行で、目玉はタイガーマスクWとオカダの初対決??

さて、わたくしの注目はこのカード

柴田 vs 鈴木 の2度目の対戦

 

スタートはバックの取り合い、手足の取り合い

先日の柴田 vs Codyでも見られたが、ここでレスラーの地力がみられるので、ここが一番楽しみな時間

やはり鈴木の力量には素晴らしいものがある。(なんと同世代!!)

しばらくして、すごいエルボー合戦、いや殴り合い。

と、ここまで書いて、実はホントに待っていたのは、

柴田 vs Davey Boy Smith Jr

しかし、全く絡みがない!

二世レスラーつながりでポッチャリ・デビッドとばかり対戦してたスミスJr

体がスゴイ。これぞ、プロレスラーだよね。

相棒が欠場中なんで、ここはシングルでIWGPに挑戦してほしいね。

スミスはケニーオメガに負けないくらいのポテンシャルがあると思うから

 

スミスJrは1985年8月生まれの32歳だそうで・・・

スミスJrの親父が新日本に初登場したのがJrが生まれる2年前、今から34年前の1983年11月

そう、私がプロレスに出会ったのも34年前

時の流れは早いものです、まったく

親父は残念ながら若くして旅立ったけど、こうして息子が活躍してるところを見れるってのもプロレスならではです。

さて1983年11月3日、場所は蔵前国技館

タイガーマスクが引退し、空位になったNWA世界ジュニアヘビー級王座決定戦。

ザ・コブラ vs デイビーボーイ・スミス

マスクマンとして入場したスミスはリングに上がるなり、マスクを自ら脱ぎ、いきなりコブラをリストアップ。そのまま場外へ放り投げる。

どこかを痛めたのかコブラはその後、精彩を欠くが、予定通りコブラが新王者に。

当然コブラにはブーイング。

スミスは、新日本がタイガーマスクの後釜スターとして据えたコブラの出鼻をくじいたのだった。

記憶に残るシーンってのは、やはり予定調和から外れたもの。

そういう意味では、この日のEVILと棚橋のカラミは予定調和だったのか、両者の何らかの感情的なもつれがあったのか・・・今後を期待したい。  終